小西保文 アトリエ記念館

中井渓谷自然塾満喫プラン

フォトコンテスト

フォトコンテスト作品募集

Powered by Takuminomura© 2016

川上村の情景

匠の聚フォトコンテスト2014審査会概要

審査日時  平成26年10月3日(金)午後1:00~  
審査場所  川上村役場第1会議室
審査員   写真家  /百々 俊二
      写真家  /内山 りゅう   
      アートディレクター/猪熊 裕行  《敬称略・順不同》

 

審査員講評(総評/要約)
写真家/ 百々 俊二氏
いつも同じ事を言っているように思いますが、表現構造という部分で大きく変わっていませんね。ネイチャーであれドキュメントであれ、視覚体験で写真というものに置き換えていくものですが、その写された写真から、例えば森のざわめきが聞こえてきたり、川のせせらぎが聞こえてきたり、人の五感をくすぐるような要素がもう少し必要だと感じます。フレーミングも含めて何かそういうところへ広がる表現力があれば、もっとレベルが上がってくるでしょう。
川上村に何度も訪れて、風土や人と触れ合って自分の視座を見つけ、写真をとおしてどのように地域と関わり、どう捉えていくかという計画や準備が必要です。ネイチャーフォトに関しては特にわかりきったような捉え方で、ある種の美意識だけではなく、自分がそこで何を感じたか、どういう体験をしたか、本当に何に美しいと思ったか、もう少し作品にその想いを伝える工夫が必要です。表現力というのは感じたものをそれ以上に感じさせるような捉え方をすることだと思います。

写真家/ 内山 りゅう氏
前回も少し触れましたが、プリンターで出てきた色に非常に違和感があって、もう少しプリントしたものに対して責任を持つと言いますか、しっかり最後まで諦めることなく追いかけてください。実際の自然の色がかなりオーバーに出てしまっている作品が多かったです。作品自体のピントや露出などは合っているのに、色があまりにもかけ離れています。特に緑に関しては蛍光色が強すぎて、自然界には存在しないと思える作品もありました。もう少しナチュラルな色を追及してほしいですね。全体的にみると良い作品が多かったと思いますが、上手くても面白味に欠けるという印象でした。

アートディレクター / 猪熊 裕行氏
私も長く審査をさせていただいていますが、今回の審査で一番に感じたことは内山先生と同じです。例えばネイチャーで言うと、コンテストを始めた時から同じようなトリミングであったり、場所であったりというのが多いですね。上手な作品も多い中で、だからあえて選ばないというのが実際にあります。ドキュメントに関しては、自分の立ったままの視点でシャッターを切っている作品が多いと感じました。これまでもずっとそうだったと思いますが、極端に言えば寝転んで撮るとか、子供のような目線で撮るとか、そうするともっと変化のあるようなものが撮れるのではないでしょうか。総合的に毎回似た作品が多いというのが正直な感想です。

 

フレーミングの仕方と表現構造に工夫が欲しい。何を入れ、何を排除するか、または自分の感動を戦略的・技術的にどう見せるのかというのが大事になってきます。レンズの選択や光の扱い方など、自分が感じたもの以上の感動を相手に伝える工夫ができるか、自分の視点をきちんと持っているかということです。選外の作品も技術は高いものが多かったのですが、美意識が高い故に、似たようなアプローチに繋がったり、上手なのに面白味が無いという結果になります。美意識が高いことが悪い訳ではありませんが、突き抜けるような仕上がりには届かないのが現状です。



◆主催/川上村・匠の聚・森と水の源流館 
◆後援/川上村観光協会 
◆協賛/富士フイルムイメージングシステムズ株式会社・株式会社トミカラー・株式会社写真工房匠
◆協力/奈良ヤクルト販売株式会社・NTT労働組合奈良県グループ連絡協議会・一般財団法人やまと文化フォーラム


入賞作品


匠の聚大賞

8枚組
【300年の仕上げ】
野口 文男


川上村長賞

4枚組
【巨樹の風貌】
岡本 聖


川上村議会議長賞

3枚組
【双子ちゃん2・4・6才】
北 好雄


水源地の村賞

【涼やかなる飛沫Ⅰ】
奥田 勝也


川上村観光協会長賞

8枚組
【石の刻】
志岐 利恵子


スポンサー賞
(富士フイルム株式会社)

【祭の日】
東 敬朗


スポンサー賞
(株式会社トミカラー)

【朝霧】
貝谷 明日香


スポンサー賞
(株式会社写真工房 匠)

3枚組
【冬の訪れ】
濱井 健


入選

4枚組
【春あける】
西村 康男


入選

【祭事】
松本 英晴


入選
4枚組

【雨中の神事】
田辺 弘年


入選

【夏祭りの夜】
田辺 弘年


入選

【分岐点】

松田 定明


入選

【不思議な風景】

長倉 國輝


入選

【初夏の幽渓】

大西 忠男


入選

【夏の宵】

山本 明子


入選

【緑のシャワー】
三毛 俊介


入選

【きのこ】
三毛 俊介


入選

【赤のドレス】
木吉 安彦


入選

【清涼】
田畑 新二

本サイトに掲載する写真や記事等の無断転載及び複製を固く禁じます。
   ●フォトコンテスト2013年はこちらでご覧になれます。
   ●フォトコンテスト2012年はこちらでご覧になれます。
   ●フォトコンテスト2011年はこちらでご覧になれます。
   ●フォトコンテスト2010年はこちらでご覧になれます。
   ●フォトコンテスト2009年はこちらでご覧になれます。
   ●フォトコンテスト2008年はこちらでご覧になれます。
   ●フォトコンテスト2007年はこちらでご覧になれます。